Month: 11月 2017

時間調整は副業に充てるのにぴったりな時間

私の本業は経理の仕事をしていますが時給制の為、早く会社が終わると早く帰らなければなりません。
たまにならいいけど毎日だと気持ちも落ちるし、早く家に帰っても父や母に「あなたの会社大丈夫なの?」と心配されるし、近所のおじさん、おばさんも悪気は無いんだろうけど「あらお姉ちゃん、今日は早いのね」なんて言われてしまいには「給料減っちゃうんでないの?」なんて心配までされちゃい、最初は魚がいなくてね〜(魚に関する会社です)なんて説明していましたがだんだん面倒になって来たので最近は早く帰ってきても汽車通勤なので降りた駅か近くの市役所の施設でネット副業して時間調整しています。
前から駅の近くに施設があるのはわかっていたのですが入った事はなく入ってみたら椅子はふかふかだし、トイレも綺麗だし、おまけに求人案内まであってこれなら早く入って見れば良かったなぁと思いました。
今はそんなに居ないと思いますが一時期リストラが流行った時にリストラされたけど家族に言えなくて会社に行くふりをしてどこかで時間を潰すと言う人の特集をテレビで見たことがあり今の私にちょっぴり重なり少しだけ時間調整してる自分が切なくなりました。しかし時間調整は副業の時間でもあるので堂々としていたいと思います。キレイモ oライン

日本語で普段で普段使われている言葉の由来について

普段私たちが使っている言葉でこの言葉ってどこから使っているのかなって思う人も少なからず思う人がいます。それについて紹介をしたいと思います。
まず、「じゃあね」はどこからきたのかです。
じゃあねの由来は、それではのではがじゃあに変化しました。「それでは」の言葉は、関西の方言で、ほな、そんなら、ほんならとかからきていまして、それが次第に関東にながれてきて、それじゃあという言葉に変化されてきました。
そして、それじゃあという意味はそれではお会いしましょうっていう意味(確か)です。
しかし、現代では、さようならとかの意味になってます。
おはよう、語源について
おはようの語源は、お早く〇〇ですねのお早くで、そこから、おはようってなりました。そして相手への敬意を表す言葉でもあります。
しかしながら、朝だけの言葉だけではなく芸能界での挨拶はおはようと使います。
次はただいまとおかえりの語源
まずただいまは、たらいまからきています。元々は誰かしたらが帰宅をしたときにタライで足を洗いつつ、家人とその日のできことについて会話をするのが由来でありましたが、それが時代の流れで、帰宅時の挨拶になりました。
ありがとうの語源は、元々、有り難いからきていて、その意味は、有ることを欲していてもなかなか困難で実際には少なく、有って欲しいと望んで有ることは稀に有る」という意味です。キャッシング計算

春からガーデニングを本格化庭は私だけの特別な庭園

暖かい季節の到来とともに、冬になるまでは、ガーデニングは楽しみのひとつ。土に栄養を入れて、どんな花をどの位置に配置するかも、自分の技量です。花だけでなく、今やガーデニングの可愛い小物がいっぱい売ってます。小物も大切な自分だけのガーデニングを作るアイテムです。種から買うのではなく、私は大きな花屋に行き、花を大量買いしてきます。この植える花の選択をしてる時こそ、ガーデニングする楽しみのひとつ。頭の中で、庭に植えた状態を想像しながら、選びます。花の名前や種類もかなり覚えましたね。花が咲かない葉だけの植物も、花を美しく見せるためには、絶対必要な存在です。長く花を愛でたい場合は、季節に関係なく、花を咲かせてくれる種類を探します。春になる少し前に植えとかないと行けないのは、チューリップです。私の単なる好みですけど、春には庭にいて欲しい存在なのがチューリップです。カラフルな色の種類も、花の形の豊富さもチューリップならではですね。チューリップは球根から植えますから、花が咲く時期を考えて、植える時期を変えたりします。一斉にたくさんのチューリップ畑にしたいなら、尚更、植える時期を考えますね。あまり密集させて、球根を植えないのが秘訣ですよね。花の絨毯にしたいなら、芝桜が最適。ピンクと薄いピンク、白もありますから、お好みで選ぶといいですね。花の色を使い、グラデーションのある庭にするのも一見です。庭が広いなら、小さな噴水作りたいけど、狭いから諦めてます。現在チューリップが花ざかり。次の年にもチューリップ咲かせたいから、花が落ちる前に花の部分は切ります。その時が少し残念ですが、来年また会うために、仕方ない作業です。初夏から梅雨時期に咲く、花を今は選んでいます。キャッシング金利安い