暖かい季節の到来とともに、冬になるまでは、ガーデニングは楽しみのひとつ。土に栄養を入れて、どんな花をどの位置に配置するかも、自分の技量です。花だけでなく、今やガーデニングの可愛い小物がいっぱい売ってます。小物も大切な自分だけのガーデニングを作るアイテムです。種から買うのではなく、私は大きな花屋に行き、花を大量買いしてきます。この植える花の選択をしてる時こそ、ガーデニングする楽しみのひとつ。頭の中で、庭に植えた状態を想像しながら、選びます。花の名前や種類もかなり覚えましたね。花が咲かない葉だけの植物も、花を美しく見せるためには、絶対必要な存在です。長く花を愛でたい場合は、季節に関係なく、花を咲かせてくれる種類を探します。春になる少し前に植えとかないと行けないのは、チューリップです。私の単なる好みですけど、春には庭にいて欲しい存在なのがチューリップです。カラフルな色の種類も、花の形の豊富さもチューリップならではですね。チューリップは球根から植えますから、花が咲く時期を考えて、植える時期を変えたりします。一斉にたくさんのチューリップ畑にしたいなら、尚更、植える時期を考えますね。あまり密集させて、球根を植えないのが秘訣ですよね。花の絨毯にしたいなら、芝桜が最適。ピンクと薄いピンク、白もありますから、お好みで選ぶといいですね。花の色を使い、グラデーションのある庭にするのも一見です。庭が広いなら、小さな噴水作りたいけど、狭いから諦めてます。現在チューリップが花ざかり。次の年にもチューリップ咲かせたいから、花が落ちる前に花の部分は切ります。その時が少し残念ですが、来年また会うために、仕方ない作業です。初夏から梅雨時期に咲く、花を今は選んでいます。キャッシング金利安い