山口市の維新百年齢おみやげ公園陸上地域で行われた明治安田大切J2リーグ レノファ山口FC対北海道コンサドーレ札幌戦を見学しました。レース誕生3年月前に到着しましたが、その日はとっても暑く立って要るだけで汗が滝のように流れ落ちてきました。客席内で食べた夏みかんシャーベットが至っておいしかっただ。地域内に入ると、サポーターの歓声が相当響いていました。コンサドーレサポーターも遠くから多く駆けつけて盛り上がっていました。
レースは、当初に2得点とったコンサドーレ札幌がレノファ山口の後半の立て直しをワンポイントに抑え、1-2で北海道コンサドーレ札幌が攻略しました。レノファ山口は当初コンサドーレにストレスを封じられてしまいましたが、以下はコンサドーレの運動量が落ちたこともあり、時間は何度も作りました。最後のパーツが決めきれなかったポイントが惜しかっただ。しかし、レノファのアスリート・サポーターが「いけそう第六感」を作り出した事は良かったと思います。楽しいレースでした。キレイモ ハンド